ECサイトビジネス

ECサイトで新たにビジネスを始めようというとき、基本の仕組みを知ることが大切です。
基本がわかれば、どんどん発展させ成長させていくことも可能になります。


ECサイトのECとは、日本語で電子商取引の意味です。
インターネット上で商品やサービスなどの販売を行うサイトです。
日本で初めてできたECサイトは楽天で、1997年のことです。
当初の出店店舗数はわずか13店舗でしたが、現在では4万店という大規模ECサイトに成長しています。


ECサイトは、大きく3つのタイプに分類されています。
C to C・B to C・B to B の3通りで、Cは消費者(Consumer)、Bは企業(Business)を意味します。
B to C はインターネットが普及する前からありましたが、消費者が他の消費者に対して販売をするC to C は全く新しいスタイルです。
代表的なのは、オークションサイトでしょう。


ECサイトの販売方法というと難しいように思われるかもしれませんが、ホームページを作成したり、売りたい商品についての情報を載せるところまでが終われば、そのあとはこれまでにもあった通販と同様の作業となります。
昔からある通販ショップも、現在ではECサイトからの注文受付も行っています。


ECサイトをこれから運営するときに必要なことを、当サイトでお伝えしています。
基礎を把握すれば、既存の大手ECサイトの仕組みも理解しやすくなるでしょう。
当サイトを参考に、ぜひビジネスチャンスを広げていってください。


Copyright © 2014 ECサイトの仕組み All Rights Reserved.